勝手に書伝やさしい ビットコインマイニングのはじめ方

主に自身の体験や商品・サービスを、勝手に批評(書いて伝える)するサイトです。

やさしいビットコインマイニングのはじめ方①

第一章 暗号資産のマイニングについて

f:id:misersan:20210406082542j:plain

(1)暗号資産のマイニングとは?

既に暗号資産のマイニングについて、ある程度知識のある方は読み飛ばして頂ければ幸いです。
この章では簡単に暗号資産のマイニングについて説明をさせて頂きます。

マイニングは様々な暗号資産の取引で行われていますが、ここでは代表的な暗号資産「BTC」を例に解説します。
まず、BTCのマイニングを簡単に説明していきます。

BTCのマイニングとは「取引データを承認する作業」のことで、作業に対する報酬は新しいBTCで支払われます。大量の石の中から僅かな金などを採掘するのに似ていることから「マイニング」と呼ばれています。

 

(2)「取引を承認する作業」とは?

BTCは世界中で毎日のように取引されていて、その金額は数十億円、数百億円といった膨大な取引量になります。

これらすべての取引は、ブロックチェーン技術で管理され、世界中の人が安心してBTCの取引ができるようになっています。

つまり、円やドル、ユーロなどの法定通貨はそれぞれの国の中央銀行によって管理されていますが、BTCは「ブロックチェーン技術で管理されている」という点が、一般的な法定通貨と大きく違います。

では、ブロックチェーン技術で、どのようにしてBTCの取引を管理しているのでしょうか。

ブロックチェーンでは、BTCの個々の取引データを「トランザクション」と呼び、それぞれのトランザクションをまとめて一つの「ブロック」を作ります。そして、ブロックには「いつ」「誰(どのアドレス)が」「どのくらいの量のBTCを取引したのか」といった重要な情報が書き込まれていき、その取引情報を第三者がチェックして承認しています。

つまり、この「取引を承認する作業」がマイニングなのです。
また、このマイニング作業を行う人々を「マイナー」と呼びます。

 

(3)マイニングの方法について

マイニングには
①ソロ(単独)マイニング
②プールマイニング
クラウドマイニング

 

以上、3つの方法があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットに違いがあります。これからマイニングを始める場合にはそれぞれの特徴をよく理解して、自分にふさわしい方法を選ぶことがポイントになります。
それでは、次章で各マイニング方法のメリット・デメリットを記載させて頂きます。

第二章 各マイニング方法のメリット・デメリット

(1)ソロマイニングのメリット・デメリット

自分でコンピュータを準備して、1人でマイニングに参加するのが「ソロマイニング」です。

ソロマイニングのメリット

マイニングを成功(送金取引を承認)すると、その報酬を独占することができます。
BTCやその他の暗号資産マイニングでは、送金取引を承認したマイナーに報酬が支払われる暗号資産の報酬額が決まっています。
※BTCを例にあげますと、2018年8月時点で一つのブロックにおけるマイニングを成功する毎に12.5BTCが支払われていました。

 

ソロマイニングのデメリット

現状では、世界中のマイナーがBTCのマイニングに参加し、さらに、最新のコンピュータを大量に稼働させているため、個人が自宅のパソコンで戦いを挑んでもほとんど勝ち目はありません。

 

(2)プ-ルマイニングのメリット・デメリット

ソロマイニングが1人でマイニングをするのに対して、複数のマイナーが協力してマイニングするのが「プールマイニング」です。
マイニングに成功すると報酬はプールの管理者が受け取り、その後、参加したマイナーの仕事量に応じて報酬が分配されます。

プールマイニングのメリット
複数のマイナーが協力してマイニングするため、プールの計算力が大きくなり、安定したマイニング報酬を得やすくなります。

また、ソロマイニングではマイニングに成功しなければ報酬を得られませんが、プールマイニングでは提供した計算力に応じて報酬が得られるため、報酬のバラつきが小さくなります。

プールマイニングのデメリット
プールマイニングは安定した報酬を得やすくなりますが、一定の手数料が必要になるほか、ソロマイニングのように大きな報酬を得るチャンスが少なくなります。
また、ソロマイニング同様に、マイニングを始める際に機材を色々と揃えなければなりません。

ですが、プールマイニングであれば少なくともソロマイニングと違って、暗号資産を報酬として得ることができます。
また、本書で紹介させて頂きます「Nice Hash」を使えば、より簡単な設定でBTCを得ることができます。

 

(3)クラウドマイニングのメリット・デメリット

マイニングをする企業(マイナー企業)にマイニングをしてもらう方法です。
クラウドマイニングの形態は、マイナー企業に出資して報酬を得るものから、マイニングマシンをレンタルして成功報酬を得るものなど様々で、初期費用や手数料、メリット・デメリットなどが契約によって異なります。

トラブルを避けるため、クラウドマイニングを始める場合には、事業のスキームをよく理解することが大切です。

クラウドマイニングのメリット
ソロマイニングやプールマイニングのように機材を準備する必要がなく、また、パソコンに関する専門的な知識がなくても、資金があればマイニングを始められます。

クラウドマイニングのデメリット
ソロマイニングやプールマイニングよりも初期費用がかかるケースが多くなります。また、マイナー企業の倒産や資金の持ち逃げなどのリスクもあり、事業内容や契約内容をよく理解する必要があります。

個人的な意見を申し上げますと、クライドマイニングに投資をするくらいなら暗号資産の取引所に会員登録をして、直接暗号資産を購入する方が、リスクが低いと考えます。

第三章 マイニングの機材について

(1)CPUマイニング

パソコンに搭載されているCPU(Intel Core i7AMD Ryzen 5など)でマイニングをする方法です。
特別な機材を準備することなく、マイニングを体験することができます。

 

(2)GPUマイニング

GPUマイニングとは、パソコンのパーツであるグラフィックボード(以下、GPU)を使ってマイニングをする事です。
CPUマイニングに比べ、マイニングするのに適した暗号資産の種類が多く、1台のパソコンで複数のGPUを動かすことができる為、効率よくマイニングすることができます。

一方で、CPUマイニングに比べ騒音が大きく、GPUやその周辺機器を持っていなければ、初期費用がかかる欠点があります。

 

(3)ASICマイニング

ASICは、端的にご説明しますと、マイニングに特化した集積回路を複数搭載した機械の事です。

CPU及び、GPUに比べ高い演算処理を行うことができますが、デメリットとして以下の点が挙げられます。
①消費電力が高い
GPUのマイニングとは比較にならないくらいの騒音が発生する
③基本、1種類のハッシュ関数の実行アルゴリズムのみに対応

【補足:1種類のハッシュ関数の実行アルゴリズムの説明】
例えば、BTCのマイニング用ASICを使って、イーサリアム暗号資産をマイニングすることは原則できません。
それは、BTCが実行アルゴリズムとして「SHA-256」を採用しており、イーサリアムは「Ethash」(イーサハッシュ)を採用しているからです。

 

応援クリックお願い致します!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村